COLUMN

2021.03.15

受難続きのJR九州だけど、流れ星新幹線が素敵だった話

坂田 坂田

10年前に九州新幹線がデビューした時の記憶が、全くといって良いほどありません。

そのころ関東に住んでいた私は、東日本大震災でてんやわんや。

住んでいた地域ではせいぜい震度5強でしたが、エレベーターも地下鉄も首都高も何もかもストップ。

大混乱の中でオフィスから10キロ歩いて帰った翌日が3月12日でした。

九州新幹線のデビューのニュースは、首都圏でも流れていたのかな。

少しは報じられていたのかもしれないけれど、あの未曾有の災害時には決して扱いは大きくなかったはずです。

まだ救助を待つ人も多く、計画停電だ、福島原発だという混乱の中で、JR九州の関係者の方々はどんな思いでおられたのでしょうか。そんなことを今になって思います。

そして10年が過ぎ、開業10周年!!と派手にいきたいところで、まさかのコロナ禍です。

豊肥本線の全線復旧に続くおめでたいニュースなのに、お祭りにはできないもどかしさ。

そんな中で今回JR九州が企画したのが流れ星新幹線

これがもう、本当に素敵な企画です。

3月14日の夜、みんなの願いを乗せて鹿児島中央から博多駅へひた走る新幹線。

たった一晩だけ、一便だけ、キラキラと輝きながら尾を引いて走る。新幹線が、流れ星になる。

という訳で、見てきました。

開業10周年おめでとうございます。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

この記事のキーワード:

ライター紹介

坂田

坂田 恵里

ライター兼雑用係。移住組のよそ者ですが、熊本が大好き。おいしい飲食店の情報を探すうちに肥後ジャーナルに出会った元読者です。

CONTACT

広告のことで悩んでいることがあれば、
お気軽に河内研究所にお問い合わせください。
全力で最適な広告提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら