COLUMN

2022.04.23

こんなにも愛された熊本の天気予報士がかつていただろうか。

伊藤 伊藤

NHK熊本の夕方の番組「クマロク」で、お天気コーナーを担当していた、松永貢さんが番組を卒業されました。

こんなにもぶっ飛んだ天気予報士は、どこ探してもいないと思います。

新天地でも、頑張ってください。

一生応援します。

ピアノも弾ける

マッスル天気の歴史

https://twitter.com/i/status/1509821107473465355

こんな大人になりたい。

仕事はキッチリこなし、人を楽しませたいという想いにブレがない。そして、にじみ出る人の好さ。

8年間お疲れさまでした。

最後の放送みて、私も号泣しました。

この記事のキーワード:

ライター紹介

伊藤

伊藤 匠

とにかく多趣味な流離のジャパニーズサラリーマン。
なによりも音楽をこよなく愛しすぎて、◯も×もつかず44年間独身。深夜によく流れてる未知書◯のCMを見たことがあるでしょうか?あのCMで真ん中を走ってるのが私です。

CONTACT

広告のことで悩んでいることがあれば、
お気軽に河内研究所にお問い合わせください。
全力で最適な広告提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら