COLUMN

2021.01.04

謹賀新年

坂田 坂田

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。本年も何卒よろしくお願いいたします。

河内研究所は、本日1月4日に仕事始めを迎えております。

なんだかんだと、今年はちょっといつもと違うお正月休みでした。

混雑を避けて年末にフライングで藤崎八旛宮に行ってみました。フライング初詣、いや詣で納めかしら。

肥後ジャーナルの毎年恒例お正月企画、「鶴屋の福袋一番乗りできるかな」記事も、東館と本館に販売エリアを分けるコロナ対策が取られました。

通常10時、初売りでも大体9時半くらいにオープンの鶴屋さんですが、たくさんの人が並んで密になるのを避けるため、なんと8時45分に開店しました。

関係者の皆様、大変だったことと思います。

初詣は、ピークアウトしたタイミングを見計らって、山崎菅原神社へ。

せっかくなので、イチハラヒロコ恋みくじも引いてみました。

第二十四番 愛は速攻。

だそうです。よく分からないけど、がんばります。

そんなこんなで、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

この記事のキーワード:

ライター紹介

坂田

坂田 恵里

ライター兼雑用係。移住組のよそ者ですが、熊本が大好き。おいしい飲食店の情報を探すうちに肥後ジャーナルに出会った元読者です。

CONTACT

広告のことで悩んでいることがあれば、
お気軽に河内研究所にお問い合わせください。
全力で最適な広告提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら