COLUMN

2020.11.16

河内研究所、引越しました

坂田 坂田

タイトルの通りですが、河内研究所のメインオフィスが引越したよっていう話です。

2020年11月から、事務所が移転しました。

河内研究所=河内町

株式会社 河内研究所、というだけあって、登記上の本店所在地は熊本市西区河内町です。

それは創業当時から今も変わりません。

が、ふだん私たちが仕事をしているオフィスは、全然別の場所にあったりします。

私が肥後ジャーナルに記事を書くようになったのは、2018年の夏頃。

当時はまだ新町のマンションの一室に事務所がありました。

その後、事務所は妙体寺町のビルへ移転。

さらに2020年5月には、同じビルの中で3階から2階へ移るというプチ引越しも経験しました。

初めての東区へ

それでも、いい物件があればまた引っ越したいという話は聞いていました。

とはいっても3階から2階へ移ったばかりだし、そんなに急に動くとは誰も予想していなかったように思います。

それが、もう本当にサクサクサクっと決まったのです。東区長嶺東の一戸建てでした。

これは想定外。

あっという間にリノベーションが終わり、引っ越すことになりました。

2020年11月から、新しいオフィスで仕事しています。いろいろ広くなりました。

応接室とかもできてます。

新しい事務所の場所はこちら

【熊本県熊本市東区長嶺東5丁目19-8】

長嶺への通勤

引っ越して2週間ほど過ごしました。

遠いなあと思っていた通勤も、いざ始めてみれば、案外どうにかなるものです。

ただ予想外に苦戦しているのが、朝日。自宅からひたすら東に向かうので、めちゃくちゃまぶしい。

朝日、ヤバイです。サングラス必須。

それでも、通勤経路がガラッと変わるのって新鮮。なかなか楽しいかもしれません。

この記事のキーワード:

ライター紹介

坂田

坂田 恵里

ライター兼雑用係。移住組のよそ者ですが、熊本が大好き。おいしい飲食店の情報を探すうちに肥後ジャーナルに出会った元読者です。

CONTACT

広告のことで悩んでいることがあれば、
お気軽に河内研究所にお問い合わせください。
全力で最適な広告提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら